AOS 自動車関連業者の方はこちらへ お問合せ ご利用にあたって
TOP クルマの維持 クルマを直す クルマを買う クルマをかざる ダイレクトメニュー 会社概要
メンテナンス
修理工場案内
メンテナンス情報
   日常点検整備
   エンジンオイル
   バッテリー
   ATF
   ラジエータ
   ディスクパッド
   タイミングベルト
   ファンベルト
   LLC
   ブレーキフルード
   パワステフルード

タイミングベルト


 クランクシャフトの回転をタイミングギヤに伝え、プーリーの歯とかみ合う歯付けベルトのことです。クルマの場合はゴムからできているものが多く使用されています。

 タイミングベルトを交換することなく長期間使用すると、歯欠けや切損が起こりバルブのタイミングが狂います。バルブとピストン上部の干渉により、バルブ曲がりやピストン損傷を引き起こす原因となります。JAFの調査によると、ロードサービス出動理由の上位にタイミングベルト切れが入っています。
 タイミングベルトが切れるとクルマは走行不能となりますので適正なメンテナンスが必要とされています。

 ベルトの材質はゴムですので、油や水に弱く、年数を経過する程劣化が進みます。タイミングベルトが走行中に突然切れてしまうと、エンジンが止まりますので危険ですしエンジンが駄目になり大変な修理代がかかってしまいます。
 タイミングベルトは外部からはほとんどのクルマは見えませんので、走行距離などで注意が必要です。

 走行距離:7万〜10万km程度での交換をお勧めします。


この内容は自動車新聞社の協力により掲載しております。なお、内容につきましては平均的な内容を掲載しておりますのでご了承下さい。


Copyright (C) 1998 株式会社システムジャパン E-Mail : webmaster@aos.ne.jp